ロスカットの価格設定

FXのリスク管理においてロスカットとストップロスは取引をする前に自分なりの一定程度ルールの設定を考慮しておくべきでしょう。 その設定でロスカットとストップロスで、どれだけの損失まで許せるかが重要となります。 つまりロスカットで価格設定をしていなくてはなりません。 ただ、それはトレードスタイルによって、多少違ってくると思います。 たとえば、デイトレードみたいに一日に何十回と売買を繰り返す人がいます。 そのような人は購入して値下がりしたらすぐにストップロスをすることが多いようです。 なぜならば、デイトレードで売買を繰り返すには、常に資金を用意しておく必要があるのです。 ロスカットの価格設定を低く見積もっておくと、なかなか資金を回収することができず次の取引ができなくなるのです。 一方、デイトレードではなく、数週間から数ヶ月に及んで売買を完結させる取引もあります。 長期間に及ぶ取引のケースではロスカットの価格設定を低く見積もる傾向が強いです。 デイトレードのように資金を手元に戻す必要はありません。 さらには、為替レートでは、少し値下がりしてもすぐに値上がりする可能性も十分に高いからです。 じっくりと様子を伺いながら売買を進めていくことができるのが長期間に及ぶ取引のメリットだと言えるでしょう。 このように、ロスカットの価格設定というのはトレードスタイルに合わせて考慮するべきです。 そして適切にストップロスを行っていけば、損失の拡大を免れることができるのです。